トップページ > スタッフコラム > スタッフコラム > vol.359 トリエンナーレ LC事業部 牧野

スタッフコラム

2019.09.05 NEW

vol.359 トリエンナーレ LC事業部 牧野

皆様こんにちは。
LC事業部の牧野です。

また異動しました。
新卒で入社以来、岡崎南店→岡崎北店→安城店→西尾店→安城店(知立店立上げ準備の為居候)→知立店ときて、とうとうLC事業部です。
アルファス女性社員の中では最も異動しているのではないでしょうか。
因みに今回の異動は去年合格して取得した宅建士の資格を活かす為、という理由です。
これから頑張って重説を作ったり読んだりする予定です。

 

まぁそんな話は置いておいて…
前回あいちトリエンナーレに行くぞ~~~~!!!と意気込んでおりましたが、
まだ愛知県美術館と豊田市エリアのみの2箇所しか行けてません。
暑かったので…。

世間では色々と話題になっておりましたが…
私が面白いなーと思った作品をいくつかご紹介致します。

 

ウーゴ・ロンディノーネさんの「孤独のボキャブラリー」
広めの部屋に色々なポーズをしたピエロがいます。
フライヤー等にも大きく取り上げられていますね。
数を数えながら何かメモする人、ピエロの隣に同じポーズで座って写真を撮る人等、鑑賞している人も面白かったです。

私のお気に入りピエロ①
着ている衣装が良いですね。
 

私のお気に入りピエロ②
私も家でよくこんな感じになっています。

私のお気に入りピエロ③
落ちている帽子が良い雰囲気です。

どうもこのピエロ、顔がひとつずつ違うような気がします…。
全てを見比べたわけではないのですが、下の2つは違いが分かりやすいかと。



こちらは旧豊田東高等学校にある作品です。
作者名と作品名を控え忘れてしまいました…。
プールの底が切り取られて立てられています。
まさに非日常。手前の階段も降りられます。


こちらは豊田市美術館で見られます。
またもや作者名、作品名控え忘れです。
横から見たときの滑車部分がかっこいいです。
スルスルと上がったり下がったりします。

こちらは下から見た様子。
スッと下がってきた時に、布の部分がふわっとなって可愛いです。
ずっと上を見ているのは首がしんどいですが…。
他の方も同じなのか、中には床に寝転ぶ人も。
係員さんは特に何も言っていなかったので、多分寝転んでも大丈夫みたいです。
寝転んだほうが圧倒的に楽だと思います。


こちらも豊田市美術館で見られます。
定番の作者名・作品名控え忘れです。いい加減にしてほしいものですね。
天井から突き出る手。
私も自分の部屋にこんなのほしい。

 

いかがでしたでしょうか?
少しでもあいちトリエンナーレの楽しさが伝われば幸いです。
実際に見るともっと楽しいと思いますので是非!
10月半ばまでやっていますから是非!

LC事業部 牧野

ページの先頭へ

Copyright (C) 不動産新着ナビ(西三河版), All Rights Reserved.